セブ島で大迫力のサファリパーク、Cebu Safari and adventure Parkに大満足【行き方や料金など徹底紹介】

どうも!セブ島でインターンとして働いているあじゃです。

今回はセブ島にようやくできたサファリパーク、Cebu Safari and adventure Parkに行ってきたので、これから行こうと思っている人に向けて、動物やレストラン、行き方など詳しく紹介します。

どうやらセブで有名なM Lhuillier Financial Services Pawnshops Incという質屋を経営するアメリカ人が、有り余る資産を投入して、セブ島の山奥にどーんっと建ててしまったようですね。動物園としても、壮大なスケールですが、植物園としてもとっても綺麗でした。そんなに金余ってるならちょっとくれ。

行き方

タクシー or Grab


セブ市内から北に50km行ったところの、Carmen(カルメン)というあまり知られて無い街にあります。セブ市内から歩いて10時間。

普通は歩いて行かないのでタクシーか、Grabカーを利用するといいです。片道約2時間。ただこのサファリパーク、山の上にあって、帰りのタクシーやGrabを捕まえるのは不可能に近い!なので、タクシーを丸1日借り切ってしまうのがオススメ。交渉の必要ありですが4人乗りタクシーをチャーターするなら3,000〜4,000ペソが相場。

公共交通機関

もっと安く!って人はハードル高めですが、公共交通機関を利用しましょう。セブノースバスターミナルでダナオ方面に行くバスに乗り(約70ペソ)、Gaisano Grand Carmenあたりで降り、そこからバイクタクシー(50〜70ペソ)で9kmほど。

MEMO

帰りの交通手段が不安!と言う人は運転手付きのバンをレンタルするのがおすすめ。バンレンタルってどうやってするの?という方は13人乗りのバンを5500ペソ/8時間で紹介できますので、私にコメントからご連絡いただいても大丈夫です。

料金


・800ペソ(大人)
・400ペソ(身長90cm以下)
・無料(身長60cm以下)

セブの現地価格に慣れている私からすると、マジ高いと思いましたが、結果大満足でした。

注意
オープン当初は入場料に、ランチ料金も含まれていましたが、プロモーションは2018年8月までだったらしく、私が行った時には終了してました。残念。

>>公式Facebook

園内

エントランス


なかなか立派です。建物が雑なフィリピンでこんなに綺麗な場所は珍しい。

注意
飲み物や食べ物の持ち込みが禁止です。かばんの中までしっかり確認されます。私はせっかく作ったお弁当を、クロークに預ける羽目になりましたw


園内は12のエリアで分かれており、かなり広いので移動には、ジプニーのような無料のバスに乗って移動します。バスは10分に1本ぐらいで運行しているようです。とはいえ園内は歩けない程広い訳ではありません。大体ディズニーランドの半分ぐらいの広さです。


エントランス近くのモニュメントは決まった時間に見事な噴水と化します。間違いなくめちゃくちゃ金かかってますこれ。

動物達

アフリカンサバンナエリア


  • シマウマ(Zebras)
  • ブレスボック(Blesbok)
  • ヌー(Wildbeest)
  • インパラ(Impala)
  • クーズー(Greater Kudu)
聞き慣れない動物多めですが、要はアフリカのサバンナの映像によく出てくる動物たちです。サファリパークによくあるサファリカーでエリア内を1周します。
このゾーンは10:00-15:50までなので注意。

サファリアウトポストエリア


  • キリン(Giraffes)
  • ミーアキャット(Meerkats)
  • 白鳥(Swans)
  • アヒル(Ducks)
  • ペリカン(Pelicans)
  • 雁(Geese)がん


ここにも赤ちゃんのミーアキャットが。たまらん。

AVIARY DOME(飼鳥園)


全面ガラス張りの鳥園。カラフルで綺麗な鳥を7種類、100羽飼育しているそうです。

それにしても近過ぎて怖い。中はかなり掃除されていて匂いは気になりませんでした。ただ、上から糞が降ってくるかもしれないので注意w

モンキーエリア


  • テナガザル(Gibbons)
  • オランウータン(Orancuiown)
  • キツネザル(Lemurs)

テナガザルがこのサファリパークでダントツ元気野郎。


キツネザルも可愛かった。

タイガーターフエリア


  • トラ(Tiger)
  • ブラックバックス(blackbuck)
  • Bisayan Warty pics
  • Deer District
  • ルサジカ(Javan Rusas)
  • 孔雀(Peafowls)
まさかのホワイトタイガー!かっこいい!目が青い!日本ではなかなかお目にかかれないので、とっても嬉しい。余談ですが、ホワイトタイガーの目の前のアイス屋さんのアイスが、セブで食べたアイスの中で一番美味しかったです。

名前忘れたのですが、もののけ姫のヤックルみたいなやつが、悠然と歩道を歩いてたりします。最初はめちゃビビってましたが、1日いると慣れるから不思議。

カピバラ(Capybaras)


カピバラさんも歩道脇に突如いました。こんなんでいいのか。

カピバラさんにも4匹の赤ちゃんがいました。全員見事に顔がふてくされていますが、可愛すぎて気づけば15分も経っていた。

ワニ(Crocodiles)


恐怖映像。ワニ多過ぎて気持ちわる。
50ペソで鶏肉を与えられます。暑くて全然動かないワニ達ですが、鶏肉を投げ込むと狂ったように肉に飛び付きます。そんな私は爬虫類全般が苦手なので、終始吐きそうでした。

カワウソ(Otters)


ワニゾーンの出口にいました。ワニの恐怖からの、癒しカワウソ。9月は赤ちゃんシーズンなのか、小さいカワウソが2匹。しかも触れそうな距離に。めっちゃ動くから写真ブレまくり。

チーター(Cheetahs)


爆睡。

ハイエナ(Hyena)


1匹しかいなくて寂しそう。

その他


  • ヒクイドリ属(Cassowaries)
  • ピンクのトキ(Scarlet Ibis)
  • ワラビー(Wallabies)
  • エミュー(Emus)
  • カンガルー(Kangaroos)
  • ラクダ(Camels)
  • リャマ(Llamas)
  • ポニー(Ponny)
などがいます。

レストラン


レストランは園内に3軒あります。

ファストフード店


味はオーナーがアメリカ人なだけあって、なかなか美味しいです。

イタリアン


パスタやピザがメイン。みんなでシェアするといいです。

フィリピン料理のビュッフェ

時間が合わなくて食べれませんでした。料金は300ペソぐらいだったと思います。

バードショー


1日1回のみ開催されているそうです。私が行った時は13:45からでしたが、その日によるかもしれないので注意。

頭上をめちゃでかい鳥が飛んでいきます。

アクティビティー


出典:http://traveltoe.com/product_info.php/products_id/63182
なんとバギーに乗れます!

15-20分 : 350PHP
30-45分 : 600PHP
60-90分 : 800PHP

日本でやろうと思ったら5倍はするので、お得ですね。バギーは当日でも乗れますが、大人数なら予約がオススメです。

Email : sales@cebusafari.ph
電話 : +63-995-835-3460

まとめ

入場料は800ペソと安くないですが、動物の種類が多いし、園内は広くて綺麗だし、大満足でした!
何より動物との距離が近い!本当にオススメなので、もっと有名な観光地になればいいなーと思っています。


このサファリパークが気に入りすぎて、真剣にロゴ入りのマグカップを買うか悩む始末。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ゼブ市内から30分で行ける、ジップラインができるテーマパーク、パパキッズについても記事を書いています。
パパキッズ徹底紹介 | ウェイクボードやジップラインだけじゃない!セブ島でおすすめのテーマパークPapakits

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です