パパキッズ徹底紹介 | ウェイクボードやジップラインだけじゃない!セブ島でおすすめのテーマパークPapakits

セブから日帰りで行ける、パパキッズというテーマパークに行ってきました。朝から晩まで遊んでめちゃくちゃ楽しかったので、記事にしました。

パパキッズの基本情報

行き方


行きはタクシーか、Grabカーがおすすめです。セブ市内から約45分ほどで、渋滞状況によりますが、料金は350ペソ程。

もっと安く!って人はジプニーで行けます。まずSMシティーモールの近くのAPMモールへ。

APMモール向かいの道路で、25番のLioan行きに乗ると、パパキッズのすぐそばの大通りまで行けます。そこから歩いて3分です。料金は25ペソ。

帰り方

帰りは運が良ければ、タクシーか、Grabカーか、またはSMシティーモール行きのジプニーを拾えますが、休日はなかなか捕まらない事も。そんな時は、SM Consolacionモールにジプニーで向かいます。

料金は7ペソ。ジプニーの走って行く方向がSM Consolacionであれば必ず通るので問題ないです。そこに行けばタクシープールがあるので、セブ市内に帰れます。

MEMO

帰りの交通手段が不安!と言う人は運転手付きのバンをレンタルするのがおすすめ。バンレンタルってどうやってするの?という方は13人乗りのバンを5500ペソ/8時間で紹介できますので、私にコメントからご連絡いただいても大丈夫です。

営業時間

9:00-18:00

入場料

50ペソ/人

注意
以前は100ペソ/人でランチ付きでしたが、今は50ペソ/人でランチ無しになっていました。

料金表

papakits パパキッズ
全部で13個ものアクティビティーがあります。1日で全部回るのは厳しいので、5個ぐらいに厳選してから行って、余裕があれば他のもチャレンジするといいです。

  • ジャングルジムプール 400ペソ
  • ウェイクボード(60分) 500ペソ
  • 乗馬(15分) 75ペソ
  • ジップライン 200ペソ
  • スカイバイク 150ペソ
  • ウォールクライミング(3回) 100ペソ
  • 吊り橋 50ペソ
  • 魚釣り(時間無制限) 100ペソ
  • 川遊び 100ペソ
  • パドルボート 200ペソ
  • カヤック 150ペソ
  • ストレスウォール(4枚) 100ペソ
  • レンタル自転車 100ペソ

>>公式Facebook

おすすめアクティビティーランキング

たくさんあるので、勝手におすすめランキング形式にしてみました!1位から紹介していきます。

1位 ジャングルジムプール[Aqua Quattro]

papakits パパキッズ
行くまで、こんな楽しいアクティビティーがあるなんて知りませんでした!英語でAqua Quattro(アクアクワトロ)という名前でやってますが、意味分からんので勝手にジャングルジムプールと名付けました。ジャングルジムプールの方がダサいけど分かりやすいですね(自画自賛)
これ全てが川の上に浮いてて、どんなに泳ぎに自信があっても、ライフジャケットは必須で、着なければ入れません。水の流れが早いのと、浮いてる滑り台の下などに入ってしまって出てこれなくならないようにです。入り込んだら、かなり危険。

papakits パパキッズ
子供用のプールもあります。

papakits パパキッズ
とはいえ運動神経良すぎのライフセーバ(暇だと遊び始めますが)がちゃんといて、割と厳しめに見張ってきますが、セブの適当さが私は不安なので、厳しいぐらいで安心します。

2位 ジップライン[Zipline]

papakits パパキッズ
やたらフィリピンで人気のジップライン。セブに来たなら1度はやってみたいですよね!いや、そうでもないか。

空に張られたワイヤーに、ぶら下がって川や森の上を、さもスーパーマンのような気持ちで渡るアクティビティーです。本当にスーパーマンスタイルで渡る場合には倍の400ペソかかります。ジップラインはセブ島にいくつかありますが、ここがセブ市内から一番近くて安い。そしてこれ実は往復しなきゃならないんです。荷物とかは置いて川を渡るので、また帰りも川を渡って戻って来ます。

papakits パパキッズ
帰りは水面ギリギリで更にハラハラします。

気になる安全面ですが、正直なところ「可もなく不可もなく」です。滑車もワイヤーもそこそこちゃんとしてるし、ハーネスもギッチギチに締めるし、ゆうてもフィリピンなので信じるわけにもいかず。そんな私は疑い深いタイプです。ただ、今まで事故は起きておらず、怪我人も出ていません。

3位 乗馬[Horseback riding]

papakits パパキッズ
乗馬は3位ランクイン!理由はなんといっても値段が安い!15分75ペソ(約160円)なんて、日本じゃありえない!ちゃんと手綱を引いてくれるスタッフがいて、初心者にも安心で子供も乗ってました。上級者は走らせたいとスタッフに伝えれば、走らせる事も可能です。

papakits パパキッズ
時間によって選ぶこともできます。

4位 ウェイクボード[Wake board]

papakits パパキッズ
日本では5,000円とかするウェイクボードもこちらでは500ペソ(約1,100円)です。船に引かれる訳では無く、対岸にあるロープを巻き取る機械により引っ張られるので、速さは一定で、初心者でも立ち上がりやすいです。

5位 スカイ自転車[Wall climbing]

papakits パパキッズ
最近オープンしたスカイ自転車。ワイヤーの上を自転車で約100mほど渡ります。これもジップライン同様で行って帰ってくるので、お得な往復コースです笑

6位 ウォールクライミング[Wall climbing]

papakits パパキッズ
かなり上級者向きです。

7位 吊り橋[]

papakits パパキッズ
フィリピンのチープさが、ふんだん出ています。見た目ほどグラグラしませんが、それでもビビります。高さはそんなになく5mぐらいですかね。

8位 魚釣り[Horseback riding]

papakits パパキッズ
池?湖?みたいなところで釣りができます。時間は無制限。淡水魚が釣れて、その魚は隣にあるレストランで、1kg100ペソで調理してもらえます。

9位 川遊び[Pool]

papakits パパキッズ
プール100ペソで入れるなんて安いじゃん!と騙されないでください。そんなに綺麗では無い、ただの川に案内されます。フィリピン人がたくさんいておもしろいですけど笑

その他

パドルボート、カヤック、ストレスウォール、レンタル自転車などもあります。ストレスウォールは壁び皿を投げつけてストレスを発散するアクティビティーです。レンタル自転車で広い敷地内を移動するのも楽しいですが、無料でバスが運行しているので、それに乗って移動する方がオススメです。

レストラン

papakits パパキッズ
フィリピン料理です。味は美味しいしそこまで高く無いです。シェイクを飲んでも1人400ペソぐらい。

フードメニューはこんな感じ。

こちらがドリンクメニュー。

海老の唐揚げとカラマリ(イカフライ)がめっちゃ美味しかった。

コテージ

湖の周りにコテージがあります。

Superior Room:2,500ペソ(朝食付き/2人向け)
Deluxe Room:2,800ペソ(朝食付き/2人向け)
White House:3,800ペソ(朝食付き/4人向け) すべてWIFI付きです!

電話番号:032-238-5050 / 032-253-4966 / 032-410-7069

まとめ

1日遊んでご飯も食べて、1000ペソぐらいでした。帰りになかなかタクシーが捕まらないのが、心配ですが、それ以外は本当に良かった。日本で同じアクティビティーをするより、断線安く済みます。そしてジャングルジムプールがめっちゃ楽しいです、400ペソと高めですが、特におすすめです。ぜひパパキッズに行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です